top_fv_A-resize-bb.jpg

since 2017

genta classical guitar

logo_W-#ffffff.png
 

ABOUT

弾けば弾くほど好きになる

Genta Classical Guitarは、

ずっと弾いていたいと感じていただけるような、音作りにこだわりを持ち製作しています。

ボディは、ソレラ(組立て型)を用い、伝統工法にて製作。

塗装は、フレンチポリッシュによるセラックニス仕上げです。

ギターに使われる木材は、

全て長い年月を掛けシーズニング(乾燥)し、厳選した材料を使用しています。

 

GENTA CLASSICAL GUITAR

front_C.png

・ボディ:ソレラ(組み立て型)を用い、スペイン伝統工法にて製作

・塗 装:セラックニスの全面フレンチポリッシュ仕上げ

model :

olive

・フレットラウンドエッジ

・Vネックジョイント

・弦長補正サドル

・彫り込みによるロゼッタの装飾

・オリジナル木製ペグボタン

・指板収縮による表板割れ防止加工

Feature

 

CLIENTS

現在、以下の楽器店にて取り扱いがございます(五十音順)

【関東】 東京都 千代田区

logo_media-calm.png

【関東】 東京都 中央区

logo_yamaha.jpg
 

GALLERY

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/9
 

PROFILE

1986年、東京都三鷹市生まれ。平尾昌晃バンドのピアニスト、木村博紀を父に持つ。その影響もあり、兄弟揃って音楽とピアノに囲まれて育つ。兄はNHKの連続ドラマや映画などで活躍する木村仁哉(チューバ奏者)。 学生時代、クラシックギターに魅せられ、音楽活動で夜遅くまでギターを弾く日々を送る。

2005年、東京都立城南職業能力開発センター/木工技術科を卒業後、家具や建具を製作する有限会社照井木工所に入社した。休日には、井上刃物店の井上時夫氏が主催する「手考会」にも参加し、刃物の研ぎ方や伝統的な道具の扱い方を学ぶ。手道具だけでのものづくりを学ぶうちに、独学でギターの製作を始める。

 

クラシックギターのルシアーである桜井正毅氏に初めてギターを見せる機会を得て、2012年から有限会社河野ギター製作所に勤務し、クラシックギターの製作を学ぶことになる。

 

2015年独立に伴い、埼玉県上尾市に自身の工房を構える。

 

2年間の研究期間を経て、2017年よりオリジナルギターの製作を開始。

Luthier

中村 玄太

illustration_005.jpg
 

CONTACT

一人で製作作業をしている為、恐れ入りますが、

ご返信までにお時間をいただいております。

 

楽器店にてギターをご購入された方は、

お買い求めになられた店舗にお問い合わせいただけますと、スムーズにご対応いただけます。

お問い合わせフォーム

送信ありがとうございました

Ageo-shi, Saitama-ken, Tokyo, Japan

logo_en-#ffffff.png